思い出は記念写真とともに

平成生まれの子供の七五三の記念写真は場所も大事です。

PAGETITLE
今の子供たちに昭和の話をすると懐かしいと言われてしまいます。平成生まれの子供たちにとっては昭和は昔なのです。近所の方がお孫さんの七五三の写真を見せてくれました。可愛らしい着物姿の女の子は3歳で、平成21年生まれです。この間平成になったばかりだと思っていたのにとぼやくと、年代がわかるのでそういう言い方はやめた方が良いと家族に言われてしまいました。さてこの近所の方だけではなく、この時期は七五三の話題が多いです。会社の同僚も七五三の衣装と記念写真についてとても悩んでいました。
記念写真は写真館で取ることにし、大手のチェーン店を予約したらしいのですが、その写真が高いというのです。着物も可愛いしお姫さまのようなドレスも着せたい、撮った写真は手元にももちろん置きたいが、両家の両親にも郵送したいので割増の料金が大変なのです。まだ若いご夫婦にとって七五三の記念写真は大きな出費なのでしょう。これからも小学校の入学式など記念写真のチャンスはたくさんあるでしょうが、やはり一番可愛い七五三には力が入るのは当然です。結局この若いご夫婦はこの写真館での撮影の他に着物を着てあちこちの撮影場所に移動することにしたそうです。新しい東京駅や、スカイツリー、上野の動物園などいろいろ候補をあげていました。しかし着物で歩き回るのは大丈夫なのでしょうか?ご両親はやる気満々ですが、3歳のお姫様はお疲れになるのではちょっと心配になりました。

Copyright 2017 思い出は記念写真とともに All Rights Reserved.